結婚後の新生活の準備と必需品ガイド

新婚ホヤホヤでアツアツ!新婚夫婦のための新生活お役立ち情報アドバイス

新生活ガイド・TOP > 子供が産めるぎりぎりの年齢で、結婚を考える
子供が産めるぎりぎりの年齢で、結婚を考える

"一昔前、20年くらい前までは、結婚適齢期は20代でした。
24~25才と言われたころもありましたし、28~29才くらいと言われた時期もありましたが、
今では、30才~35才くらいでしょうか?
結婚適齢期という言葉さえ消えてしまいましたし、もはや使いません。

今、幼稚園に通う母親の年齢を見ても、だいたい30代後半がほとんどです。
と言うことは、30代前半くらいで子供を産んでいることになります。
そうすると、結婚した年齢は30才前後が多いように思います。

今の女性は、子供が産めるぎりぎりの年齢で、結婚を考えるように思います。
つまり、子供を産むことがなければ、きっともっと結婚年齢はあがっていくのだと思います。
現代の結婚適齢期は、子供を産むことができるギリギリの年齢ではないでしょうか。
昔は、子供を産むのには早い方がいいと言われていましたが、医学の進歩により、高齢出産の方が増え、
その結果、結婚も遅くなっているように思います。

もちろん適齢期は人それぞれですが、30才過ぎたくらいで考える人が多いので、そのころが適齢期だと思います。

"

結婚後のお得情報 BEST3 【 最新版 】
関連エントリー
Copyright © 2009 結婚後の新生活の準備と必需品ガイド . All rights reserved